1967年、教皇 パウロ六世の呼びかけにより、ヴァチカンに「正義と平和委員会」が設立され、全世界の司教協議会にたいしても同じ趣旨の委員会を設けるようにという要請が出されました。それは、貧困、抑圧、差別のなかで、人間としての当然の権利を奪われ、苦しみの叫びを上げている多くの兄弟姉妹に愛をもって応えるためでした。日本でも、1970年「正義と平和司教委員会」が発足し、これと平行して信徒による自主的な活動も始まりました。さらに74年、これら司教による委員会と信徒の活動を一本化し、今日の「日本カトリック正義と平和協議会」がスタート。世界、特にアジアにおける社会正義と平和の実現のための活動を開始し、現在にいたっています。

「正義と平和協議会」もっと詳しく知りたい方はこちらへ 
mailto:jccjp@me.com?subject=%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6
 
 日本カトリック 正義と平和協議会 公式サイト

2017.6.5

・資料室
zi_liao_shi.html
 
・資料室2(2005〜07)
zi_liao_shi_2.html

・JP通信 
JP_tong_xin.html
   
・出版物のごあんない
shu_ji.html
 
・English
English.html
 
「正義と平和協議会」って何ですか ー沿革と動勢  
  zheng_yito_ping_he_xie_yi_hui.html
 
 

Japan Catholic Council for Justice and Peace

おしらせ 
 

憲法9条を世界の宝にPeace9の会

集会・催し物 
 

日本カトリック正義と平和協議会

〒135-8585 

東京都江東区潮見2-10-10

日本カトリック会館

tel: 03-5632-4444

fax:03-5632-7920

E-mail: jccjp@cbcj.catholic.jp



様々な情報をメール配信しています。情報受け取りをご希望の方は、メールにてお知らせ下さい。

正義と平和協議会からの

    おしらせ

講演会・集会情報

 詳しくはこちらをご覧下さい
 

2011年3月11日に発生した東日本大震災罹災地の方々に心からお見舞い申し上げます。

地震関連の情報に関してはカトリック中央協議会ホームページ特設ページをご覧下さい。

http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/feature/2011shinsai/index.htm

平和をつくり出す宗教者ネット 「戦争する国」に反対し、脱原発を求める請願書 署名用紙はこちらからダウンロードできます。
home_files/2014.10syukyosyanet.pdf
 

日本カトリック司教団メッセージ

「いますぐ原発の廃止を ~福島第1原発事故という悲劇的な災害を前にして」メッセージ 
https://www.cbcj.catholic.jp/2011/11/08/3662/

      コメント
https://www.cbcj.catholic.jp/2011/11/10/3676/
 

JP通信no.204オススメ記事

平和を実現するキリスト者ネット
首相官邸前でゴスペルを歌う会
第4月曜日18:00-19:00
gospel for okinawa.pdfhome_files/gospel%20for%20okinawa.pdfshapeimage_22_link_0
Facebook
https://www.facebook.com/seigitoheiwa
 

私たちの活動をサポートして下さる後援会員(年会費:3,000円〜)を募集しています。

詳しくは事務局まで、お問い合わせ下さい jccjp@cbcj.catholic.jp

平和のための脱核部会入会をご希望の方は、

お名前 、ご住所(ニュースレターを送ります)、E-mail(メーリングリスト用)

でんわ、おしごと/学校/教会名など、を日本カトリック正義と平和協議会事務局までメールでお知らせください。

jccjp@cbcj.catholic.jp

パンフレットをお読みください

datukakubukai panflet.pdf

戦後 70 年司教団メッセージ

「平和を実現する人は幸い

 今こそ武力によらない平和を」

日本語
home_files/2015.2.25%2070message.pdf
  English
home_files/Peace%20message%20E,%2070%20years.pdf
 

今年度、正義と平和全国集会の開催はありません

2016.11.11 日本カトリック司教団は、司教団メッセージ「地球という共通の家に暮らすすべての人へ原子力発電の撤廃を-福島原子力発電所事故から5年半後の日本カトリック教会からの提言- 」を発表しました。

日本語 
https://www.cbcj.catholic.jp/2016/11/11/8754/
   韓国語
https://www.cbcj.catholic.jp/2016/11/11/8768/
 英語(改訂版)
https://www.cbcj.catholic.jp/2016/11/11/8756/

ドイツ語(改訂版 
https://www.cbcj.catholic.jp/2016/11/11/8763/
 フランス語版
https://www.cbcj.catholic.jp/2016/11/11/11572/

ポルトガル語版
https://www.cbcj.catholic.jp/2016/11/11/11611/
     イタリア語版
https://www.cbcj.catholic.jp/2016/11/11/11615/
 
スペイン語版
https://www.cbcj.catholic.jp/2016/11/11/11618/
 

カトリック教会の 原発についての姿勢 決定版

『今こそ原発の廃止を

        ――日本のカトリック教会の問いかけ』

日本カトリック司教協議会『今こそ原発の廃止を』編纂委員会・編

2016年10月5日、カトリック中央協議会発行

         詳しくはこちらをごらんください
https://www.cbcj.catholic.jp/publish/genpatsu/
 
 

書籍案内

new
new

JP通信no.204発行しました

2017年5月24日日本カトリック正義と平和協議会は、「組織犯罪処罰法」改正案の衆議院強行採決( 2017年5月23日)に抗議し、法案の撤回、廃案を求め、安倍晋三内閣総理大臣宛、金田勝年法務大臣あて反対声明を発表しました。
home_files/170524%20kyobozai%20seimei.pdf
 
new

治安維持法とカトリック教会 三好千春

1.1 治安維持法の成立

 治安維持法が成立・施行された1925年は、日ソ基本条約が締結(同年1月)された年であり、男子普通選挙法が成立(同年3月)した年でした。なぜ治安維持法が25年に成立したかを通説的に言うなら、日ソ基本条約によるソ連との国交樹立でコミンテルンが行う共産主義の宣伝を警戒したからであり、普通選挙法を認める代わりの交換条件だったからです。 jp204  osusume .pdf