日本カトリック正義と平和協議会ワンポイントメッセージ「コロナの時代と福音」第12回目 白浜満司教(広島教区)(2020.8.25)

日本カトリック正義と平和協議会では、コロナウイルスの蔓延したこの地球で、私たちはどんなふうに幸福な社会を作っていけばいいのか、カトリック教会で活躍するいろいろな立場の方から声と映像のメッセージをいただき、みなさまにインターネットでお届けしています。

第12回目は、広島教区 白浜満司教です。
新型コロナウイルスの流行によって、私たちの生活は一変しました。人混みを避け、会食を控え、どこにいくにも必ずマスクをつけて出かけます。どこの家にも、どこの職場にも、玄関にはアルコールスプレー容器が置かれています。すべてが面倒くさく、物事がスムーズに進まず、社会がどんよりと停滞しているように見えます。しかしいま、わたしたちは、利益とスピードばかりを追っていた現代社会からいったん離れ、これまでを振り返ってみる時間を、神様から与えられているのかもしれません。

アクセスはこちらから

正義と平和協議会youtubeチャンネル登録もよろしくおねがいいたします!
https://www.youtube.com/channel/UCAUglNK-IOvHHdjND0xgJ4A

正義と平和協議会チャンネル