日本カトリック正義と平和協議会ワンポイントメッセージ「コロナの時代と福音第7回目 シスター大田伊杜子(援助修道会・平和といのち・イグナチオ9条の会) (2020.7.17)

日本カトリック正義と平和協議会では、コロナウイルスの蔓延したこの地球で、私たちはどんなふうに幸福な社会を作っていけばいいのか、カトリック教会で活躍するいろいろな立場の方から声と映像のメッセージをいただき、みなさまにインターネットでお届けしています。

第7回目は、シスター大田伊杜子(援助修道会・平和といのち・イグナチオ9条の会) です。

シスター大田伊杜子は満州で生まれ。一昨年、シスターズアクト 憲法にラブソングを!の呼びかけ人の一人として、新宿駅西口前でマイクを握り、平和憲法をまもるために活躍しました。これからは大阪西成に場所を移し、平和のためのミッションをつづけられます。コロナが私たちに投げるメッセージはなにか。ぜひお聞きください!

アクセスはこちらから

正義と平和協議会youtubeチャンネル登録もよろしくおねがいいたします!
https://www.youtube.com/channel/UCAUglNK-IOvHHdjND0xgJ4A

正義と平和協議会チャンネル