One pointメッセージ「コロナの時代と福音」第17回 塩田希神父(イエスの小さい兄弟会) (2020.10.13 公開)

日本カトリック正義と平和協議会では、コロナウイルスの蔓延したこの地球で、私たちはどんなふうに幸福な社会を作っていけばいいのか、カトリック教会で活躍するいろいろな立場の方から声と映像のメッセージをいただき、みなさまにインターネットでお届けしています。

第17回 塩田希神父(イエスの小さい兄弟会)です。
塩田希神父様は、シャルルド・フーコーの精神を生きる、イエスの小さい兄弟会の会員として和歌山県の共同体で生活しておられます。
オンラインの生活は不得手で、今回は、会議出席のために東京においでになったのを機会に、コロナの時代と福音について、お話を伺いました。

典礼聖歌147番 天は神の栄光を物語り 大空は御手の業を示す
ことばでもなく 話でもなく その声も聞こえないが その響きは地をおおい その知らせは 世界に及ぶ

コロナという悪い知らせに覆われた今日の社会にあって、ご聖体にこめられた神様のよびかけに耳を傾け、イエスの現存に気づいて、今日を生きていきましょう。

Wi-Fiが不調で、一部聞き取りにくい箇所などがありますことを、お詫びいたします。

 

アクセスはこちらから

正義と平和協議会youtubeチャンネル登録もよろしくおねがいいたします!
https://www.youtube.com/channel/UCAUglNK-IOvHHdjND0xgJ4A

正義と平和協議会チャンネル