日本カトリック正義と平和協議会ワンポイントメッセージ「コロナの時代と福音第6回目梶山義夫神父(イエズス会会員)(2020.7.6)

日本カトリック正義と平和協議会では、コロナウイルスの蔓延したこの地球で、私たちはどんなふうに幸福な社会を作っていけばいいのか、カトリック教会で活躍するいろいろな立場の方から声と映像のメッセージをいただき、みなさまにインターネットでお届けしています。

第6回目は、梶山義夫神父(イエズス会会員)です。

梶山神父は長く生地広島の広島学院中学、高等学校で教鞭をとられました。イエズス会日本管区長を退任されたのち、現在はイエズス会社会司牧センターセンター長をされています。カトリック司教協議会部落差別人権委員会委員、NCC靖国問題委員会委員。歴史認識、差別、マイノリティ問題などについて一貫した問題意識をもって、現代のコロナの本質的な問題は何かを考えます。

アクセスはこちらから

正義と平和協議会youtubeチャンネル登録もよろしくおねがいいたします!
https://www.youtube.com/channel/UCAUglNK-IOvHHdjND0xgJ4A

正義と平和協議会チャンネル